「追加緩和必要なし」明言

共同通信

 日銀の布野幸利審議委員は3日、広島市で記者会見し、当面の金融政策運営について「現時点で追加緩和は必要ない」と明言した。米連邦準備制度理事会(FRB)の利下げ観測の高まりを受け、日銀が対応を迫られるとの市場の見方を否定した。

 追加緩和が不要な理由として「(世界経済が)年後半に回復するメインシナリオは崩れていない」と強調。海外経済の持ち直しとともに、国内景気も上向いてくるとの認識を示した。

 FRBが利下げに踏み切った場合には円高の進行が懸念されるが、布野氏は「日本企業の為替に対する耐性は高まっている」と分析した。

PR

PR

注目のテーマ