日本、対韓の輸出規制を強化

共同通信

 政府は4日、半導体の製造に必要な「フッ化水素」など3品目について、韓国に対する輸出規制を強化した。これまでは韓国に輸出する企業に3年間有効な許可を優遇的に与えて個別申請を省略していたが、4日からは個別の取引ごとに審査し輸出の可否を判断する。元徴用工問題を巡る韓国側の対応が引き金となっており、事実上の対抗措置。主力産業への大きな痛手となる韓国側の反発は必至で、日韓関係の一層の悪化は避けられない情勢だ。

 規制が強化される3品目は、半導体の洗浄に使う「フッ化水素」など。いずれも日本企業の世界シェアが高く、他国からの調達は難しいとされる。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ