日本、ビザなし渡航先最多

共同通信

 【ロンドン共同】査証(ビザ)なしなどで容易に渡航できる国・地域の数を比べた旅券(パスポート)ランキングの最新版で、日本のパスポートはシンガポールと並ぶ最多の189に上り、1位だった。永住権取得などに関するコンサルタント会社「ヘンリー・アンド・パートナーズ」が3日までに発表した。

 同社によると、日本は約1年半の間、単独または同列での首位を維持している。

 2014年に首位だった米国と英国はともにビザなしによる渡航先の数が183にとどまり、10年以降で最低順位の6位。英国について「欧州連合(EU)離脱問題の影響で国際社会での地位が揺らぎ始めている」と指摘した。

PR

PR

注目のテーマ