欧州委、伊の制裁手続き入り回避

共同通信

 【ロンドン共同】欧州連合(EU)欧州委員会は3日、イタリアに対する罰金などの制裁を視野に入れた手続きに関し、現時点では適用を見送ると発表した。EUの財政規律に違反しているとして実施を検討していたが、イタリア政府が2019年予算を見直し、国内総生産(GDP)比の財政赤字見通しを修正したためだ。

 欧州委は引き続き、イタリア政府の財政状況を監視していく方針だ。今秋に提出される20年予算案でも財政規律を確実に順守するよう求める考えだが、積極財政を展開したいポピュリズム(大衆迎合主義)政権と再び対立する可能性がある。

PR

PR

注目のテーマ