北朝鮮国連代表部が米を非難

共同通信

 【ニューヨーク共同】北朝鮮の国連代表部は3日、米国が6月29日に国連の全加盟国に対し、各国で働く北朝鮮の海外出稼ぎ労働者の送還を求める書簡を英仏独と共同で配布したと声明で明らかにした。その上で「トランプ米大統領が米朝首脳会談を提案した同じ日に米国連代表部が『共同書簡ゲーム』を実行したことは看過できない」と非難した。

 声明では「米国は米朝対話について語りながら実際は北朝鮮に対する敵対的行為にますます躍起になっている」と指摘。「制裁をあらゆる問題への万能薬と思い込み、北朝鮮に対する制裁と圧力に取りつかれたかのように振る舞い続けるのはばかげている」と強調した。

PR

PR

注目のテーマ