米、イラン濃縮に報復示唆

共同通信

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は3日、イランがウランの濃縮度を高めると警告したことに「脅迫するなら気をつけろ、イラン。前例のない強さで自分に跳ね返ってくるぞ」とツイッターに投稿、報復を行う可能性を示唆した。7日以降、核合意が定めた濃縮度の上限を無視するとしたイランに強く再考を迫った形で、緊張がさらに高まった。

 核合意では濃縮度の上限は3・67%とされているが、イランのロウハニ大統領は3日「イランが欲し、必要と考えるレベルまで濃縮を進める」と述べた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ