商業捕鯨再開後初の鯨肉入札

共同通信

 古式捕鯨発祥の地とされる和歌山県太地町の漁協魚市場で4日、商業捕鯨再開後初の鯨肉の入札が行われた。商業捕鯨は領海と排他的経済水域(EEZ)を操業海域として1日に31年ぶりに再開された。さっそく店頭に100グラム約600円で並んだ。

 北海道の釧路港から1日に出港した沿岸捕鯨の船団に、太地町から「第7勝丸」が参加。釧路で水揚げされたミンククジラ2頭のうち1頭の赤肉など約66キロが太地町へ運ばれた。

 午前8時からの入札には町内の仲買人約10人が参加。赤肉約40キロを落札したカネヨシ由谷水産の由谷章代表(50)は「ご祝儀相場で落札させてもらった。」と話した。

PR

PR

注目のテーマ