イメルダ氏誕生会で食中毒

共同通信

 【ダバオ(フィリピン南部)共同】フィリピンの首都マニラで3日、故マルコス元大統領の妻イメルダ氏が2日に90歳になったことを祝う誕生日パーティーが開かれ、食事をした約260人が食中毒の症状を訴えて病院に搬送された。本人は無事という。

 警察によると、パーティーは支援者が開催し、複合施設に約2500人が集まった。鶏の煮込み料理とゆで卵などが振る舞われ、しばらくするとめまいや吐き気の症状を訴える人が続出した。

 イメルダ氏は会場で支援者と握手をする姿が目撃されているが、食事をしたかどうか不明。長男のフェルディナンド・マルコス氏は食中毒騒ぎを謝罪する声明を発表した。

PR

PR

注目のテーマ