消費税10%超「検討せず」

共同通信

 西村康稔官房副長官は4日の記者会見で、消費税率を10月に10%に引き上げた後、さらに10%超へと引き上げることは「(政府としては)現在検討していない」と述べた。安倍晋三首相が3日の党首討論で「今後10年ぐらいの間は上げる必要はないと思っている」と発言しており、これを追認した形となる。

 西村氏は、経済成長を実現していけば財政は健全化に向かうと指摘。「潜在成長率の引き上げや歳出の見直しなどを通じて、安定的な経済再生と財政健全化に一体的に取り組む」と強調した。

 4日に公示された参院選では、野党側が反増税で一致しており、消費税率引き上げが争点の一つとなっている。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ