プーチン氏、ローマ法王と会談

共同通信

 【ローマ共同】ロシアのプーチン大統領は4日、バチカンを訪問し、ローマ法王フランシスコと会談した。ローマ法王庁によると、シリアやウクライナ、ベネズエラ情勢のほか環境問題などについて協議。両者は2013年と15年にもバチカンで会談した。

 プーチン氏は4日、イタリアも訪問し、マッタレッラ大統領やコンテ首相と会談。イタリア首相府によると、プーチン、コンテ両氏は会談後、ローマで対話フォーラムにも出席する。

 ローマ法王庁の報道官は3日、ロシア海軍の潜水艇で乗員14人が死亡した火災に関し、法王が哀悼の意を表したと明らかにした。

PR

PR

注目のテーマ