米独立記念日に異例の大統領演説

共同通信

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は4日、米独立記念日に当たり首都ワシントンのリンカーン記念堂で演説した。米国民が党派を超えて建国の理念に思いをはせる独立記念日に大統領が演説するのは異例。演説会場近くには米軍の戦車が展示され、上空を戦闘機が飛行するなど軍事色も強く、国民的祝賀行事の政治利用だとの批判が根強い。

 トランプ氏は「偉大な米国を代表して演説する」としているが、米メディアによると会場には多数の軍人が集まるほか、政権党の共和党関係者やトランプ陣営の献金者らが来賓として招待された。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ