福島特産のモモ、出荷が本格化

共同通信

 福島県で特産のモモの出荷が本格化し、福島市の公設卸売市場で5日朝、県オリジナルのわせ品種「はつひめ」の競りが公開された。9月下旬ごろまで約1週間ごとにさまざまな品種が市場に出回る。最盛期は7月下旬~8月上旬。

 春に気温が比較的低かったことが影響し、出荷時期が昨年より約1週間遅れた。適度に雨が降ったことで例年より実が大きめだという。7月下旬には県の主力品種「あかつき」の出荷が始まる。

 福島県はモモの出荷が全国で2位。東京電力福島第1原発事故による風評被害が続いており価格は回復していない。

PR

PR

注目のテーマ