韓国、慰安婦財団が正式解散

共同通信

 【ソウル共同】2015年の従軍慰安婦問題に関する日韓合意に基づいて韓国で設立され、元慰安婦らへの現金支給事業を担った「和解・癒やし財団」が正式に解散したことが5日、分かった。6月17日付で解散登記を申請、7月3日に完了通知を受け取った。財団関係者が明らかにした。

 韓国政府が昨年11月に解散を決定、手続きが進んでいた。財団を合意の根幹部分と位置付けてきた日本政府の反発は必至だ。日本の輸出規制強化で両国の対立が鮮明化する中、財団が正式に解散されたことで、関係改善の手掛かりをさらに失った形だ。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ