テニス、二宮組と青山組は敗れる

共同通信

 【ウィンブルドン共同】テニスのウィンブルドン選手権第5日は5日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、女子ダブルス2回戦で2017年大会4強の二宮真琴(橋本総業)レナタ・ボラコバ(チェコ)組は段瑩瑩、鄭賽賽組(中国)に7―5、4―6、1―6で屈した。

 青山修子(近藤乳業)アレクサンドラ・クルニッチ(セルビア)組はエリーズ・メルテンス(ベルギー)アリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)組に7―6、5―7、4―6で逆転負けした。

 女子シングルス3回戦で第3シードのカロリナ・プリスコバ(チェコ)が順当に勝ち、2年連続でベスト16入り。

PR

PR

注目のテーマ