IAEA特別理事会開催へ

共同通信

 【ウィーン共同】イランの低濃縮ウラン貯蔵量が核合意が定める上限を超過したことを巡り、米国は5日、イラン核計画の現状に懸念があるとして国際原子力機関(IAEA)の特別理事会の開催を要請した。IAEA報道官は、10日に開催されると明らかにした。

 イランは1日、ウラン貯蔵量の上限超過を発表、IAEAも確認し理事会に報告した。イランは7日には、ウラン濃縮濃度の上限順守を停止すると予告しており、理事会の展開次第では、存続の瀬戸際に追い込まれている核合意を巡る緊迫が一層深まることになる。

PR

PR

注目のテーマ