イラン、ウラン濃縮5%へ

共同通信

 【テヘラン共同】イランが核合意の履行停止の第2段階として、7日にもウラン濃縮度の上限を超えて5%前後に高める方針であることが6日、分かった。イラン政府筋が共同通信に明らかにした。核合意の根幹をなす濃縮制限は破るが、超過幅を抑制し、原発燃料並みの濃縮度にとどめる方向だ。合意崩壊を避けるぎりぎりの線を突き、欧州などのイラン支援を引き出す戦略とみられる。

 イランは1日に低濃縮ウラン貯蔵量が合意の上限を超えたと発表。濃縮度の超過も警告していた。トランプ米政権は報復を示唆。英独仏は合意の全面履行を要求、濃縮度の超過幅を抑制したとしても国際的な孤立を招く恐れがある。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ