NZのクルセーダーズが3連覇

共同通信

 スーパーラグビー(SR)の決勝は6日、ニュージーランドのクライストチャーチで行われ、クルセーダーズ(ニュージーランド)がジャガーズ(アルゼンチン)を19―3で下し、3連覇を達成した。

 ナンバー8リードらニュージーランド代表をそろえるクルセーダーズは、0―3の前半25分にロックのホワイトロックからパスを受けたフッカーのテイラーがトライ(ゴール)を奪って逆転。前半終了間際にもSOモウンガがPGを決めて10―3で折り返した。後半はモウンガの3PGでリードを広げた。

 2016年に日本チームのサンウルブズと同時にSRに参戦したジャガーズは4季目で初の決勝進出。

PR

PR

注目のテーマ