マラソン、設楽が好タイムで優勝

共同通信

 【ゴールドコースト(オーストラリア)共同】ゴールドコースト・マラソンは7日、オーストラリア東部ゴールドコーストで行われ、前日本記録保持者の設楽悠太(ホンダ)が2時間7分50秒の好タイムで優勝した。今春からプロに転向した川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)は2時間15分32秒で13位だった。

 ハーフマラソンは佐藤悠基(日清食品グループ)が1時間2分36秒で日本人最高の2位に入った。服部勇馬(トヨタ自動車)は3位だった。

PR

PR

注目のテーマ