ノモンハンの慰霊碑を訪問

共同通信

 【ハルハゴル共同】1939年に旧満州(現中国東北部)とモンゴルの国境付近で旧日本軍とソ連・モンゴル軍が武力衝突した「ノモンハン事件」から80年を迎え、現場となったモンゴル東部のハルハ河近くにある慰霊碑を7日、日本人研究者や関係者が訪れた。双方の犠牲者を弔う慰霊祭は当初、同日に開く予定だったが、8日に延期された。

 慰霊碑はハルハ河近くの草原に囲まれた集落にあり、京都市の知恩院などが中心となって寄付を集め2001年に建てられた。近くにはノモンハン事件について解説する博物館があり、慰霊碑の背後にはソ連軍が陣地を張った高地が連なっている。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ