ドイツ銀行1万8000人削減

共同通信

 【ロンドン共同】経営再建中のドイツ銀行は7日、フルタイム従業員の2割超に当たる約1万8千人を2022年までに削減すると発表した。株式売買業務から撤退し、業績不振の主因である投資銀行部門の資産約740億ユーロ(約9兆円)を分離して受け皿会社に移すことも決めた。

 リストラ費用の計上に伴い、19年4~6月期は28億ユーロの純損失となる見通し。投資銀行部門を中心にリストラを断行し、資産運用事業などを柱に経営の立て直しを図りたい考えだ。だが欧州中央銀行(ECB)の低金利政策はさらに長期化しそうで、順調に再建が進むかどうかは不透明だ。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ