東京円、108円台半ば

共同通信

 週明け8日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=108円台半ばで取引された。

 午前10時現在は前週末比48銭円安ドル高の1ドル=108円53~54銭。ユーロは04銭円安ユーロ高の1ユーロ=121円78~79銭。

 5日発表の米雇用統計が市場予想を大きく上回ったことから、米連邦準備制度理事会(FRB)が大幅な利下げを実施するとの観測が後退し、ドルを買って円を売る動きが優勢となった。

 イランが核合意で定められた濃縮度の上限を超えるウラン濃縮の作業に着手したことに米国が反発しており、市場では「リスク回避で円を買う動きもあった」(外為ブローカー)との声が出た。

PR

PR

注目のテーマ