中国版ナスダック22日開始

共同通信

 【北京共同】中国版ナスダックと呼ばれる新興ハイテク企業向け株式市場「科創板」の取引が、22日に始まる見通しとなった。第1弾の上場企業は25社で、約半数を成長期待が高いIT関連が占めた。科創板が設置された上海証券取引所が8日までに明らかにした。

 科創板は、トランプ米政権が中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への圧力を強める中、半導体企業などの資金調達を支援する狙い。中国メディアによると、25社の業種は次世代IT関連が13社、新素材などが5社、バイオ医薬が2社といった具合だ。全体の資金調達規模は310億元(約4800億円)という。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ