タイ洞窟救出1年で恩人らに感謝

共同通信

 8日、タイ北部チェンライ郊外の洞窟前で、ボランティアに参加した人々と記念撮影する少年たち(手前)(共同) 拡大

 8日、タイ北部チェンライ郊外の洞窟前で、ボランティアに参加した人々と記念撮影する少年たち(手前)(共同)

 【チェンライ共同】タイ北部の洞窟から「奇跡の生還」を果たした地元サッカーチームの少年ら計13人の救出作戦開始から8日で丸1年。洞窟周辺には地元住民や救出作業に関わったボランティアら数千人が集まり、当時の団結と献身をたたえ合った。少年たちも姿を見せて「恩人」らに感謝し、記念撮影に応じていた。洞窟前には救出作業などの写真も展示され、特設ステージでは地元グループなどが歌や踊りを披露した。

 少年らは昨年6月23日、水位が上昇した洞窟に閉じ込められた。7月2日に無事を確認。同月8日から10日までに全員が順次、救出された。

PR

PR

注目のテーマ