パナ、家電プラの代替素材を開発

共同通信

 パナソニックは8日、家電製品に使われるプラスチックの代替として活用できる新素材を開発したと発表した。「セルロースファイバー」と呼ばれる植物性繊維を55%という高い割合で含み、可燃ごみとして扱える。自社の冷蔵庫や掃除機などの家電に採用するほか、他社への販売を進める。将来的に食器や建築物、自動車の部材などでの使用も想定している。

 パナソニックによると、セルロースファイバーが50%以上含まれる樹脂素材は成形が難しく、ほとんど普及していない。電池事業で培った加工技術を生かして実現した。

PR

PR

注目のテーマ