ココイチ、カレー本場インド進出

共同通信

 「カレーハウスCoCo壱番屋」を展開する壱番屋は8日、カレーの本場インドに進出すると発表した。物流などにノウハウを持つ三井物産と合弁会社を設立し、来年初めの1号店オープンを目指す。人口約13億人のインドは、外食産業の高成長が見込まれる。壱番屋の担当者は「日本式のカレーは本場でも必ず受け入れられる。商機は十分にある」と自信を示す。

 合弁会社は先月28日、インドの首都ニューデリーに設立された。資本金は1億8750万ルピー(約3億円)で、出資比率は三井物産側が60%、壱番屋が40%。今後5年間で直営店を10店開業する考えだ。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ