米、軍事対応示唆しイランに警告

共同通信

 【ワシントン共同】ペンス米副大統領は8日、核合意の上限を超過しウラン濃縮を進めたイランに対し「米国の自制を決意の欠如と取り違えてはならない。米軍は、地域の米国の権益や米国民を守るための準備を整えている」と述べ、軍事的対応を示唆して警告した。イランと敵対するイスラエルを支持するキリスト教右派が、ワシントンで開催した会合で述べた。

 国際原子力機関(IAEA)報道官は8日、イランのウラン濃縮度が核合意上限の3・67%を超過したのを確認したと明らかにした。イランを巡る緊張が高まっている。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ