「無能」報告の大使「相手せず」

共同通信

 【ワシントン、ロンドン共同】トランプ米大統領は8日、自分のことを「無能」と極秘公電で本国に報告したと報じられた英国のダロック駐米大使について「大使のことは(直接)知らないが、米国では好かれていないし評判も良くない。米国は彼を相手にしない」とツイッターに書き込んだ。メイ英首相の報道官は8日、報じられた公電内容を事実上認めた。

 トランプ氏は、メイ氏が欧州連合(EU)離脱への対応で「大混乱をもたらした」と指摘した上で「素晴らしい英国にとって朗報なのは、間もなく新しい首相が誕生することだ」とし、メイ政権批判を強めた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ