貿易保険、全国拠点で取り扱い

 経済産業省は9日、海外の投資先で発生した内乱や自然災害による損失を補償する貿易保険について、損害保険大手が全国に展開する営業拠点で取り扱えるようにすると発表した。各地の中小企業による海外への進出や投資を支援するのが狙い。

 政府が9日に貿易保険法の政令改正を閣議決定した。12日に公布・施行する。

 新たに貿易保険の取り扱いが可能になるのは、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動火災保険、三井住友海上火災保険の3社で、拠点数は合計で約1400に上る。政府が全額出資する日本貿易保険(NEXI)が東京と大阪の2拠点のみで取り扱っており、中小企業の利用が少なかった。

関連記事

PR

開催中

秋の古本まつり

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月26日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階「MARUZENギャラリー」特設会場

PR