AR活用アプリ「飛び出す天気」

共同通信

 島津製作所は9日、スマートフォンのカメラをかざすと実際の風景の上にアニメのキャラクターが重ねて映し出され、天気予報を教えてくれるアプリ「お天気JAPAN」を開発したと発表した。拡張現実(AR)の技術を活用した「飛び出す天気」と売り出す。

 島津製作所子会社の島津ビジネスシステムズ(京都市)と京都国際マンガミュージアム(同)が共同開発した。登場するキャラは天気で異なり、雨の場合は雨宿りするネコや水たまりが出現。カメラで果物など身の回りの物を映すと、同じ形の雲が生まれるようにした。

 広告付き無料版と、広告なしで情報を確認できる月額240円のサービスがある。

PR

PR

注目のテーマ