リビア、戦闘激化後の死者千人超

共同通信

 【カイロ共同】国家分裂状態にあるリビアで4月から激化したシラージュ暫定政権と有力軍事組織「リビア国民軍(LNA)」との戦闘に絡み、世界保健機関(WHO)の現地事務所は9日、首都トリポリ周辺の犠牲者が同日までに1048人に達したと発表した。

 犠牲者のうち106人が民間人といい、負傷者は約5600人に上った。WHOは医療支援を継続する方針。

 2~3日にはトリポリ近郊で、欧州への渡航を目指す移民の収容施設が空爆されて少なくとも53人が死亡し、国連が厳しく批判した。

PR

PR

注目のテーマ