西アフリカで貧富の差拡大

共同通信

 【ナイロビ共同】国際非政府組織(NGO)オックスファムなどは9日、経済成長が続く西アフリカ諸国で貧富の差が広がり「危機的なレベル」に達しており、さらに悪化しかねないとして早急な対応が必要だとする報告書を発表した。上位1%の富裕層の所得が、残る全員の所得を足した額を上回るとした。

 西アフリカは石油などの天然資源に恵まれている。オックスファムによると、2018年にアフリカで経済が急成長した10カ国のうち、6カ国が集中している。

 しかし、オックスファムは「過去に例がない経済成長の利益は、ごく少数の人の手に渡っている」と指摘した。

PR

PR

注目のテーマ