ライチョウひな、また死ぬ

共同通信

 長野県大町市の大町山岳博物館は10日、国の特別天然記念物で絶滅危惧種のニホンライチョウのひな1羽が同日午前7時35分ごろに死んだと発表した。6月下旬に4羽がふ化したうち、別の1羽が死んでいるのが9日に見つかっていた。

 同博物館によると、死因は不明。残る2羽は餌を食べて歩き回り、異常はないという。飼育担当者は「注意深く観察し、適正な管理をしていく」としている。

PR

PR

注目のテーマ