JR東、「スマホ定期券」試行

共同通信

 JR東日本は10日、一部路線の通学定期券について、9月からスマートフォンを使った「スマホ定期券」を試験導入すると発表した。サービス向上のため、交通系ICカードが使えない線区でも、駅の窓口に行かずに定期券を買えるようにすることを目指す。

 サービスは決済代行会社のウェルネットのアプリを活用。スマホで定期券を申し込むことができ、画面に顔写真入りで表示する。複製を防ぐ機能も付ける。

 対象は水郡線の矢祭山―磐城守山間や、上越線の越後湯沢―浦佐間などで、沿線にある高校の生徒に使ってもらうなどして、運用面の課題を洗い出す。

PR

PR

注目のテーマ