66%「勧告必要だった」 伊豆大島で住民調査

 台風26号の大雨による土石流で甚大な被害が出た伊豆大島(東京都大島町)で、住民を対象にアンケートを実施した結果、回答した104人の66%が「町は避難勧告や指示を出すべきだった」との意見だったことが15日、分かった。「出さなくても良かった」の8%を大きく上回った。

 一方で、仮に勧告や指示が出ていれば「避難していた」は49%にとどまり、「避難しなかったと思う」の42%と大差なかった。町への批判のほか、今回のような大規模な土砂災害は想定外だったとの意見が目立った。

PR

PR

注目のテーマ