記者の保護・教育に国際基金

共同通信

 【ロンドン共同】「報道の自由」に関する初めての閣僚級会合が10日、ロンドンで開かれた。世界各地では政権の汚職や腐敗などを追及する記者が殺害される事件が相次いでおり、ハント英外相は「報道の自由は普遍的価値だ」と強調。記者の保護や教育のための国際基金を設立すると発表し、各国に協力を呼び掛けた。

 会合は英国、カナダ両政府の主催で、100カ国以上から閣僚級の代表や報道関係者、学者ら約1500人が参加。2日間の日程で、初日は各地で記者が直面する脅威や安全対策、報道の独立性などを巡り意見を交わした。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ