ホワイトハウスの「壁」改修

 【ワシントン共同】トランプ米大統領の公邸兼職場である首都ワシントンのホワイトハウスでこのほど、敷地を取り囲むフェンスの改修工事が始まった。フェンスは現在の高さ約2メートルから約4メートルとなり、より強固な鋼鉄製のものに置き換えられる。

 トランプ氏は前回大統領選の公約に不法移民の流入を食い止めるためメキシコ国境への壁建設を掲げたが、議会の反対などで思うように進んでいない。国境の壁より先にホワイトハウスで新たな「壁」の建設を進めていると米メディアは皮肉った。

 新たなフェンスは、よじ登ったり侵入したりする者を探知する機能が設けられ、安全対策が強化される。

PR

学ぶ!SDGs×企業

  • 2021年10月20日(水)
  • カフェ&コミュニティースペース dot.(ドット)交流スペース

PR