IAEA核合意維持の道筋示せず

共同通信

 【ウィーン共同】崩壊の危機にあるイラン核合意を巡り、米国が開催を要請した国際原子力機関(IAEA)の特別理事会は、イラン核開発の脅威を訴える米国と、同国の一方的合意離脱と制裁を非難するイランの応酬となり、合意維持へ向けた具体策を示せないまま10日、閉幕した。

 在ウィーン国際機関米政府代表部のウォルコット大使は理事会で「地域と世界の安全保障に対する脅威で、核拡散防止の上で重大な懸念だ」と核合意の履行を一部停止しウラン濃縮を進めるイランを批判、IAEA加盟各国に対処を促した。

 イランは「国際社会は米国の違法な振る舞いを容認するべきではない」と強調した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ