米不法移民14日に一斉摘発

共同通信

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は12日、全米の主要都市で14日に不法移民の一斉摘発を開始すると明らかにした。ホワイトハウスで記者団に「大規模な作戦だ。不法移民を捕まえ、国に戻す。まず犯罪者に集中して取りかかりたい」と強調した。

 米メディアによると、摘発対象は国外退去を命じられても米国内に残っている約2千家族。東部ニューヨークや中西部シカゴ、西部サンフランシスコなど約10都市で予定され、1日では終わらない見通し。トランプ氏は記者団に「私には実行する義務がある。彼らは不法に入ってきたが、合法的に出て行くことになる」と訴えた。

PR

PR

注目のテーマ