米南部、暴風雨で警戒

共同通信

 【ニューヨーク共同】米ハリケーンセンターによると、南部ルイジアナ州沿岸部に13日、熱帯暴風雨「バリー」が上陸した。勢力を強め一時、ハリケーンとなったが、その後、再び熱帯暴風雨となった。一帯で、暴風雨による被害への警戒が続いた。

 AP通信によると、ルイジアナとミシシッピ両州の知事がそれぞれ非常事態を宣言した。バリーは速度が遅く週末は大雨が続く見込み。一部で停電。洪水などによる主要幹線道路の寸断などが懸念されている。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ