ボクシング、亀田は判定で敗れる

共同通信

 【カーソン(米カリフォルニア州)共同】世界ボクシング評議会(WBC)スーパーバンタム級王座統一戦が13日、米カリフォルニア州カーソンで行われ、暫定王者の亀田和毅(協栄)は王者のレイ・バルガス(メキシコ)に0―3の判定で敗れ、王座から陥落した。

 28歳の亀田は果敢に攻めたが、相手の防御にかわされ及ばなかった。戦績は亀田が39戦36勝(20KO)3敗、バルガスが34戦全勝(22KO)となった。

PR

PR

注目のテーマ