欧州委員長候補に反発噴出

共同通信

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)欧州議会(定数751)は16日、EUの行政トップ、ユンケル欧州委員長の後任候補のフォンデアライエン・ドイツ国防相の承認を巡り、投票を行う。EU首脳会議が曲折の末に指名した候補だが、議会の親EU4会派内から「密室人事」「議会軽視だ」と反発が噴出。不承認を決めた会派もあり、フォンデアライエン氏は承認に必要な過半数票確保に全力を挙げている。

 フォンデアライエン氏は、現在は欧州委のみが権限を持つ法案提出権を議会に与えると述べるなどし、議会懐柔を連日続けている。

PR

PR

注目のテーマ