比台風、死者4460人は推測値 国連3600人に訂正

 【ニューヨーク共同】国連人道問題調整室(OCHA)のギング活動部長は15日、フィリピンの台風30号による死者を4460人とした14日の発表について、推測値を誤って発表したとして謝罪し「実際の死者数は(約)3600人」と訂正した。

 14日の発表は「フィリピン国防省の数字を使ったが、推測値とは知らされていなかった」と経緯を説明し「この(推測値の)数字を発表したことを謝罪する」と述べた。

 現在の被害状況についてOCHAは15日、フィリピン政府集計として被災者1290万人、避難者190万人と発表した。

PR

PR

注目のテーマ