日本打ち上げの降水観測衛星公開 米NASA

H2Aロケットで来年打ち上げられる全球降水観測計画「GPM」の主衛星の想像図(NASA提供・共同) 拡大

H2Aロケットで来年打ち上げられる全球降水観測計画「GPM」の主衛星の想像図(NASA提供・共同)

 【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は15日、日本のH2Aロケットで2014年初めに打ち上げ予定の全球降水観測計画「GPM」の主衛星を、米メリーランド州のゴダード宇宙飛行センターで公開した。今月中に鹿児島県の種子島宇宙センターに向けて航空機と船で輸送される。

 GPMは主衛星と8基の副衛星を組み合わせ、地球全体に降る雨や雪の95%を3時間ごとに観測できるようにする国際プロジェクト。天気予報の精度向上や豪雨、洪水対策に役立つと期待される。

PR

PR

注目のテーマ