インドネシア、地震で2人死亡

共同通信

 【ジャカルタ共同】インドネシア東部北マルク州ハルマヘラ島南部で14日に起きたマグニチュード(M)7・3の地震で、国家災害対策庁は15日、記者会見を開き、死者が2人、避難者が2千人以上に上ったと明らかにした。

 同庁によると、2人は震源地のある同州南ハルマヘラ県在住。損壊した住宅は約60棟で、余震は少なくとも65回続いた。

 州中心部から震源地までの道路が未整備のため、被害状況の把握は難航。救助当局は海路で現場へ向かっている。

PR

PR

注目のテーマ