文氏「日本経済に被害」と警告

共同通信

 【ソウル共同】韓国の文在寅大統領は15日、日本政府による半導体材料の輸出規制強化措置を巡り、韓国企業が日本への依存から脱し、技術の国産化を進めることで「結局は日本経済に大きな被害が及ぶことを警告しておく」と強調した。大統領府での会議で述べた。

 文氏は、日本の措置は「両国関係発展の歴史に逆行する」と非難。「韓日経済協力の枠組みを破壊するものだ」と訴えた。文氏の見解表明は3回目で、発言のたびに批判のトーンを強めている。

 日本が今回の措置を北朝鮮に対する韓国の制裁違反疑惑とも絡めているとした上で、韓国は国連安全保障理事会の決議を順守していると説明した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ