紀勢線60年で特別号出発

共同通信

 三重県亀山市と和歌山市間の紀伊半島海岸部を走る紀勢線が全線開通60周年を迎え、JR東海は15日、熊野市駅(三重県熊野市)で記念セレモニーを開いた。約200人を乗せた特別ヘッドマーク付き特急「紀勢本線全通60周年号」が名古屋駅に向け出発すると、開通時の運転士や河上敢二市長らが見送った。

 紀勢線は1959年7月15日、384・2キロのうち最後まで残った三木里(三重県尾鷲市)―新鹿(熊野市)間の12・3キロがつながり、全線が開通した。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ