米、メキシコ国境で難民拒否へ

共同通信

 【ワシントン共同】トランプ米政権は15日、南部メキシコ国境に中米諸国から殺到している移民の流入を阻止するため、難民申請の要件を厳格化すると発表した。これまで認められてきた南部国境や米国内での難民申請がほぼ不可能になり、難民申請者の保護も拒否する。16日から新規制を適用する予定だが、人権団体は激しく反発しており司法闘争は必至だ。

 新たな規制は、難民や移民が第三国を経由して米国に来る場合、その第三国に難民申請することを義務付ける。現状では、米国に申請すれば、可否の結果が出るまで米国滞在が認められているため、申請段階で厳しく制限し流入を防ぐ狙い。

PR

PR

注目のテーマ