経産相、韓国主張に不快感

共同通信

 世耕弘成経済産業相は16日の閣議後の記者会見で、日本政府による半導体材料の韓国向け輸出規制強化を巡り、韓国側が12日の事務レベル会合で撤回要請したなどと主張していることに関し「全く事実と異なる主張で大変遺憾だ」と述べ、不快感を示した。

 世耕氏は、会合は安全保障に関する貿易管理の国内運用見直しを韓国側に説明する場だったと強調。撤回要請はなかったと改めて主張した上で、韓国側の姿勢によって「両国間の信頼関係が損なわれる」と指摘した。

PR

PR

注目のテーマ