東証、米中協議懸念で続落

共同通信

 17日の東京株式市場は米中貿易協議の先行きへの懸念から売り注文が優勢となり、日経平均株価(225種)は続落した。ただ、外国為替市場で円安ドル高基調にあることから下値は堅かった。

 平均株価の終値は前日比66円07銭安の2万1469円18銭。東証株価指数(TOPIX)は1・33ポイント安の1567・41。出来高は約10億2300万株。

 米大統領が米中貿易問題について、合意までの道のりは長いと言及したことが投資家心理を冷やし、16日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は小幅反落した。17日の東京市場も売り注文が先行し、一時2万1400円を割り込んだ。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ