東京円、108円台前半

共同通信

 17日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=108円台前半で取引された。

 午後5時現在は前日比20銭円安ドル高の1ドル=108円26~27銭。ユーロは23銭円高ユーロ安の1ユーロ=121円32~36銭。

 朝方は、米商務省が16日に発表した6月の小売売上高が市場の予想を上回ったことで、米個人消費の先行きに対する楽観的な見方が強まり、円を売ってドルを買う取引が優勢となった。

 その後は新たな材料が乏しく小幅な値動きとなった。市場では「17、18日に開催される先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議を前に、様子見ムードが広がっている」(外為ブローカー)との声があった。

PR

PR

注目のテーマ